スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・黒ディア様練習

用事があって2日ほど実家に帰ってました。

でも親父のノートPCにKaiをインストールしてアダプタも接続してみたら、
なんとかうまく遊べましたよOSがvistaだったのに!
SSは撮ってなかったんですが、
一緒に遊んでくださった方々どうもありがとうございました~

さて、前の記事では黒ディア戦での攻撃に関しての記事でしたが、
今度は回避記事です。

ディア様の潜行→突き上げは移動やダッシュをうまく使えば
フレーム回避などせずに反撃できます。
だから突き上げのフレーム回避練習などまったく意味が無いかといえば、
そんな事はない・・・はず!

大剣はガードがあるから安心といえなくもないですが、
潜行→突き上げをガードしてしまうと大きく切れ味を削られてしまいます。
武神闘宴でタイムアタックなどをしている場合、切れ味低下は大きなタイムロスに。
あと抜刀状態で被弾して起き上がりにハリウッドダイブができないケースもありますね。

そんなわけでフレーム回避の練習が必要なのです!(力説)

ではさっそく練習動画。


あえて抜刀状態にして移動速度を制限し、
きちんとフレーム回避に成功しないと食らってしまうという状況でやっています。
具体的な回避タイミングは、ゴゴゴという音の後
もしくは地面の土埃が消えた瞬間くらい。

ただ、非怒り中はタイミングが数フレーム遅れるのでやや回避が難しいです。
でも非怒り中はフレーム回避を強いられる場面ってあんまり無さそう。

ちなみに回避入力後に地中で方向転換してきてもその後の突き上げは
必ずスカるので安心。

納刀状態であれば尻尾に抜刀斬りも入ります。

あと、いくらフレーム回避ができるといってもまったくその場から動かず
足元から突き上げられた場合は回避性能でもないとさすがに回避は不可能っぽいです。
実戦では被弾でもしない限りフレーム回避をする機会はあまりないですが、
イザという時に避けれるように練習だけは忘れないようにしたいところです。

あとおまけ。

武神闘宴の黒ディア戦では、出現後にペイントボールを当てて威嚇状態にする事によって
尻尾に溜め3が二回ほど入ります。

この時ダメージを600以上与える事ができればさらに怒りに移行し
威嚇モーションをとるのでもう一度溜め2~3が確定。
匠抜刀アーティなら合計すると
900以上ものダメージが入るのでかなり美味しいです!

とはいえペイントボールを当てても威嚇せずに
キョロキョロしたりされる場合もあるわけで、
毎回安定して開幕にダメージを与えるのがけっこう難しい・・・

一応、自分が毎回やる方法を載せておきます。


とりあえず闘技場の中央付近(草がある場所)に陣取り、
北を向いておきます。(方角に特に意味はないですw)
この後たいてい左右どちらかにディア様が現れるので
(動画のように前方付近から現れた場合はやりやすいですね)
音を頼りにすばやくディア様の方を向き、ペイントボールを当てにいきます。

この時ディア様の真正面からペイントボールを当てたりすると
潜られたりして威嚇してこないので、
なるべく側面や斜め前方あたりから当てにいきます。

正面からでも早めにペイントボールを当てれば威嚇にもっていけますねー
はやり早めに当てるのがポイント・・・なんでしょうか。
検証が足りない・・・

あと、ディア様の動きが完全に止まった後にペイントボールを当てても
やはり威嚇せずキョロキョロされたりする可能性が高いです。
自分の経験では、ですが・・・
それにディア様の向きしだいで左右どちらからペイントボールを当てて
溜め斬りにいくかの判断も必要ですねー

とりあえず自分が普段やってる方法を紹介してみましたが、
それでも毎回安定、というわけにはいきません。
このやり方がイイよ!というのを知っておられる方がいたら
是非とも教えてくださいまし!
スポンサーサイト
THEME:日記・雑記 | GENRE:ゲーム |
プロフィール

Ash

Author:Ash
仕事と育児の息抜きに
モンハンと絵描きを
生きがいにするあらくれ野郎

銀髪褐色肌娘LOVE

イラスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。