モンハンニュース
カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

Skyrimプレイ日記その7

いきなりですが、うちのアネキはかなりゲーム好き人間です。

なのでオススメのゲームはないかとよく聞いてくるのですが、
「PS3のオブリビオンやスカイリムってどう?面白いの?」
と、いきなり聞いてきたので対処に困った。

国産RPGばかりプレイするどっちかというとライトゲーマーなうちのアネキ。
洋ゲーだし、キャラデザインやゲームシステムはけっこうマニアックなスカイリムは
アネキにはまだ早かろう・・・

というわけでドラゴンズドグマ・ダークアリズンを薦めてみたんですが、
「スカイリムがいい」
と拒否された・・・!

ダークアリズンはドラゴンズドグマの完全版といえる内容らしいので、
無印版ドグマを未プレイのアネキにはちょうどよいと思ったんですが・・・
アネキの趣味がよくわからない。

ハッキリ言って、戦闘に関してドラゴンズドグマの方が面白いし
ストーリーや演出もドラマチックで日本人向けだと個人的には思う。
初体験のオープンワールドRPGなら、
スカイリムよりも先にドグマの方がいいと思ったから薦めたのにあん畜生め!w

やれやれ・・・
FFとかを代表する国産RPGに慣れきったアネキが
洋ゲーのスカイリムを果たして受け入れられるのかどうか見ものですわい。


さて、前置きはこれくらいにして前回のSkyrimの記事の続きから。
温泉を目指す旅日記ですw
 ↓


前回までの行程の地図はこんな感じ(※ここからの画像は全てクリックするとフルサイズで見れます)
SS143.jpg

ホワイトラン→リバーウッド→ヘルゲンと街道を通ってここから先は
厚い雲に覆われた山の峠を越えていく厳しい(?)ルート。

ちなみにSkyrimのゲームシステムを変えるMODで、
寒冷地における体温の低下を再現するMODというのがあります。
具体的には、極端に寒い場所では厚着をしないとプレイヤーの体力が低下するとか、
暖かい飲み物を摂取する必要がある、とかそういった感じ。

でもさすがに自分はそれらのMODはまだ入れておりません。
クリア後とかにそういったMODを入れて難易度を上げてプレイしてみたいですね。

さて、看板を頼りに山道をどんどん進んでいきます。
SS144.jpg

標高が高くなり、雪まで降ってきました。
SS145.jpg

スカイリム地方は寒冷地なので、山では普通に雪が積もってます。
リディアさんの格好ではかなり寒そうですが、
アイアンボディの彼女ならきっとこれくらいへっちゃらです!

峠を越えたあたりに怪しげが洞窟が・・・
SS146.jpg

でもこういった場所を一度発見してしまえば、
いつでもファストトラベルで一瞬でワープしてこれるので今回はスルー。

道中で出会った年老いたオークさん。
SS147.jpg

ここで何をしてるのか聞いてみたら、

「自分には妻子もいない、今からでは結婚もできない、
だからこの地でモンスターと戦い華々しく死ぬ事を願っている」

・・・だそうな。
切ない話やね(;´Д`)

会話の選択肢に【自分が殺してやろう】というのがあったのですが、
逆に殺されると怖いのでここはスルーしておきましたw

夜通し歩くのはしんどそうなので、開けた場所にテントを立ててみる。
SS148.jpg

このテントもMODによる機能ですね。
こういったテントキットはちゃんとモンスターの皮などを
クラフト機能でなめしたりして作ります。

あと、周囲の木々からは薪を集める事ができるのでそれを使って
焚き木を起こします。
SS149.jpg

うーん、旅っぽい感じがしますね~(´∀`)
地味だけどこういった没入感を高めてくれるMODが沢山作られているのが
Skyrimの素晴らしいところ。
そして相変わらず休憩の命令をするとリディアさんはパンを食っているwww

一泊してリフレッシュしたので出発!
SS150.jpg

峠を越えて山を降りたので、ここからは草木の生い茂る街道を進みます。

現在地はこんな感じ。
SS151.jpg

ここから先は紅葉を楽しみつつのんびりハイキング。
まあ、たまーにオオカミとかが襲ってきたりしますが・・・
SS154.jpg

寒い気候ですが、美しい蝶があちこちに飛んでますね。
SS155.jpg

これもMODによって追加したものです。
野鳥を増やすMODなんかもあったりして、ただの散歩も楽しくなります。
このままのんびり歩いての街に着くかと思ったら・・・










巨人族出現!!!









SS156.jpg

くっ・・・何故こんなところに巨人族が・・・
こちらから手を出さなければ敵対してこない温厚な種族なのですが、
どうやら血気盛んなリディアさんが先に手を出してしまったようで・・・(;´Д`)

リディアさんがある程度ダメージを与えたようなので
もしかしたら倒せるかと思って攻撃を加えに行ってみましたが・・・

SS157.jpg




うーーーーーーわーーーーー!!!!!!




SS158.jpg




・・・・・・・。



SS159.jpg


何故殴られて遥か上空を飛んでるのか原理がサッパリわかりませんが、
おそらく上から殴られてバウンドして、そのまま上空へ跳ね上げられたのでしょう。
恐るべき巨人族のパワー・・・
さすがに相手が悪いのでここはスルーして先に進みます。

寄り道せずにひたすら街道を歩いていって日が落ちたころようやくリフテンに到着。
SS160.jpg

門から街に入ろうとしたら訪問者税を請求された・・・なんじゃそりゃ!!!
SS161.jpg

でも衛兵を殺して侵入したらお尋ね者になるので仕方なくゴールドを支払って中へ。
SS162.jpg

今回は特別この街に用があるわけじゃないので、宿で一泊してすぐ温泉に向かいます。

相変わらず人で溢れかえっている宿&酒場。
SS163.jpg

見てくれはちょっと不気味なアルゴニアン族の宿者の女将。
SS164.jpg

まあ、お金さえ払えば誰でも泊めてはもらえます。
お尋ね者でもない限りは・・・

一泊したらいよいよ温泉へ向け出発。
SS165.jpg

途中、砦があってリフテンの衛兵が何者かに殺されていたり・・・
SS166.jpg

クマに襲われたりしつつも・・・
SS167.jpg

温泉が湧く場所がいよいよ見えてきました。あと少し!
SS168.jpg

山を下って降りてみましたが、どうやら人気が無いので温泉はここではないらしい・・・
SS169.jpg

そろそろ日が落ちてきたし、
暗くなるとスケルトンが出没して面倒なので早く温泉がある場所を見つけたいのですが、
なかなかそうはいかない。
そうこうしていると・・・







SS170_20130510160252.jpg



ファイアードラゴンの襲撃!!!



SS171.jpg

必死で応戦しようとしたんですが、
ドラゴンがなかなか地上に降りてこない、暗さと炎の眩しさで周囲が何も見えないで
非常に戦いにくい!
仕方ないのでここは逃げの一手。

でもドラゴンのブレスによって燃えている炎もまた美しいものですね(;´∀`)
SS172.jpg

ドラゴンを振り切り、夜が明けたので周囲のフィールドを探索していたら人影発見!
SS173.jpg

ようやく探していた温泉に着いたようですやったね!

さっそく近づいて・・・
SS175.jpg

おや・・・?

SS176.jpg


みなさん全裸でしかも男女混浴じゃないですか~!!!


なんとまあ大胆な人達・・・(;´Д`)

でもせっかくここまで来たので自分達も温泉に浸かりますよっと!
SS177.jpg

そして休憩させるとお風呂だろうがおかまいなくパンを食べ始めるリディアさんw
SS178.jpg

・・とまあ、こんな感じで温泉をたっぷり満喫したのでした!
SS179.jpg


長くなりましたが、これにて今回の旅はおしまい!(´∀`)

関連記事

web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。