モンハンニュース
カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

イラスト作業工程その5

だんだんMH4の新情報が公開されてワクワクが止まらない日々であります。

それにしても、
MH4がオンラインプレイ可能にできるなら何故MH3Gもオンラインに対応できなかったのか・・・
大人の事情があるにせよ勿体無かったですね。

さて、イラストを黙々と描いてきましたがさすがにちょっと飽きてきたw
ダラダラ描いてるとやっぱりダメですね。

目標とするクオリティをしっかりイメージしてそれに合わせて作業スケジュールを考えて、
集中力が続く時間内に終わらせないと途中でダレてしまいます。
ゲームしたくなったり新しいイラストを描きたくなったり・・・

というわけで、キリのいいところで完成版UPです。
charles1.jpg

イラストのモチーフはご存知の方もいるかと思いますが、
相互リンク先の丼$魔パパさんのブログ女神の機械槍で公開されている小説、
GUNNER'S HEAVENのとある場面より。

小説に登場するキャラクターはほとんどが実在するブロガーハンターの方が
使用するキャラがモデルになっており、上のイラストのキャラは
自分がMHP2ndGで使用していたキャラがモデルになっております。

コチラ
 ↓
679.jpg

小説の方はまだまだ先が読めない展開で、
まだ登場していないキャラがどういう風に描かれるのか楽しみでありますね(´∀`)

絵描きの性分なのか、自分は小説を読む時に
「この場面に挿絵をつけるとしたらどうなるだろう」
と、いつも妄想しながら読んでいます。
なので今回のイラストも小説の挿絵のイメージで描かせていただきました。

あ、ちなみに今回は絵の作業工程の解説は省きますw

内容的には、
モノクロ画の上にレイヤーを何枚も作り、パーツや背景ごとに分けて色を置き、
あとはPhotoshopのフィルタ機能をいじくって理想の色に近づける、という手順でした。

Painterで色を塗ろうとするとメモリ不足のせいかすごくPCが重いので、
けっきょくPhotoshopの機能に頼らざるをえないのが悲しい・・・
早く新しいPC来ないかな・・・(´Д`)

そして早くまた次のイラストを描きたいですぞい!

あとやっぱりゲームもしたい(´・ω・`)
web拍手 by FC2

イラスト作業工程その4

日にちが空きましたが絵描き状況が今どうなっているかというと・・・

とりあえず下書きは終えて線画へ以降。

677.jpg

描きながら痛感したんですが、
騎士用の鎧なんかはネットを検索すればいくらでも資料写真がありますし
ゲーム画面も参考にできるので楽なんですが
これが馬となるとなかなか良い資料が見つからないものですね。

写真を見ても画像が小さくてわかりにくいものが結構多い感じ。
ヨーロッパの美術館に直接行って自分で写真を撮ってきたい勢い。
実際にゲーム製作者の人達は製作資料用にヨーロッパの現地へロケに行ったりもしますが、
さすがに自分はそこまで出来ない・・・(;´∀`)

これがアマチュアの限界かw
まあ現状に文句を言ってもしょうがないので今用意できる資料で下書きを描いて
あとは色塗り開始!

今回は油彩画っぽい質感で描いてみたいと思ったのでPhotoshopのフィルタ機能に頼らず
Painter12のみで仕上げてみたい!
そう思ってPainterのブラシを色々カスタマイズしていよいよ色塗り開始してみる。


・・・ところが


マシンパワーが足りなくて処理落ちしまくりヽ(;´Д`)ノ


それでも我慢して塗っていたら最後には強制シャットダウンw
だめだこりゃ・・・orz
自分が今使ってるPCは購入して4年経とうとしていますが、
今年発売されたPainter12を使いこすにはさすがに性能が足らないみたい・・・

実際、最近イラストを描いているとCPUのファンがものすごい勢いで回ってうるさいくらいで、
そうとう負荷がかかっている様子。
それに今のPCを買った時、windowsはまだ7の発売前だったのでvistaの32bitを使っています。
しかもメモリは3GB。
これじゃあさすがに足りないよなぁ・・・

仕方ないので意を決してBTOで最新スペックのPCを発注しました。
でも新しいPCが届くまで一週間はかかりそうですし、
今のPCでできる範囲でなんとか仕上げてみるしかない。
PCに負担がかからない描き方で・・・(;´∀`)

油彩タッチの塗りは諦めたものの、
せっかくなので今までやった事の無い塗り方にチャレンジするのも面白そう。
というわけで、遊びと実験をかねて美術技法でいうグリザイユで描いてみる。

簡単に言うと、最初にモノクロ2色で色を乗せ陰影を確定させ
その後でパーツごとに色を乗せ完成させる・・・というものだった気がする。
油彩のグリザイユとCGのグリザイユではちょっと意味合いが違う気もしますが
細かい事は気にしない!

というわけで、試しにモノクロで描いている途中絵。

678.jpg

なんだかデッサンの授業を受けているみたいだ・・・(;´Д`)

まあこれはこれで楽しいんですが、最終的に色を乗せたらどんな感じになるのか
自分でもわからなくなってきました。
でもお試しと実験だからまあ・・・いいかw
web拍手 by FC2

イラスト作業工程その3

絵の方はというと・・・

実はあんまり進んでませんw

背景つきの絵ってあんまり描いてないからイザ描いてみるとやっぱり面倒くさい・・・(;´Д`)
10年ほどCGイラストを描いてますが、苦手意識だけはいかんともしがたいですね。

とりあえず現状は線画の前の最終チェック段階という感じ。

671.jpg

お馬さんに装甲を着せてドレスアップしてみる。
あとは背景の騎兵部隊も書き直してみましたがここがまたメンドイw
下書き段階で描き込んでも意味が無いし、線画と塗りでどう雰囲気を出すかが悩みどころです。

他にも線画を緻密に描いて質感を出しつつ、塗りをアッサリ仕上げるべきか、
それとも西洋画のように厚塗りで重厚な感じにするべきか・・・
あとは背景のの表現もけっこう難しいんですよね。

雲はたかだか雲。
でも、描き方で絵の見え方が全然変わってくるので適当にするわけにはいきません。

上の絵だと、曇り空から太陽の光が差し込み力が空から注がれているような
そんなイメージを意図してます。


これでもし雲をこんなふうに描くと・・・
672.jpg

画面奥から手前に雲が流れるようなイメージで、絵にスピード感が出ますね。
でも、今回の絵にスピード感が必要かと言われると・・・別に要らないw
絵のシチュエーションは【大軍同士がにらみ合っている】という場面ですし。
もし、絵のモチーフが騎兵の突撃場面とかならスピード感も必要になるかもしれませんが。


もう一つ、適当にただ空間を埋めるためだけに雲を描いてみると・・・
673.jpg

うん、本当に何の意味もなくただ雲がそこにあるだけですね(;^ω^)
これではさすがに面白味が無い。

たかだか背景の雲でも、表現方法も奥が深いですしけっこう面白いものであります。
やっぱり考えて楽しんで描かなきゃね~(´∀`)
web拍手 by FC2

イラスト作業工程その2

前回の記事の続きになります。

線画の前の下書きなんですが、
ここで頑張っておくと線画もスムーズに描けるしその後の色塗りも楽になる!

667.jpg

ここまで描きこむとだいぶ完成イメージが掴めてきます。
あとは縦長の四角いキャンバスの中にどうキャラを配置するか。
美術技法で黄金比とかありますが、正直言って詳しくありません。

でも感覚的に美しく見えそうな角度や配置を一応考えてます・・・一応w(;´Д`)
669.jpg

670.jpg

上2枚は判りやすい例なんですが、
下の構図では地平線の角度をキャンバスに合わせて水平にしてみました。
上の構図と見比べても、下の方はなんか空間が止まって見える感じがします。
キャラが四角いキャンバスの中にガッチリハマっているで
目の視線が絵の中心を向いたまま動きにくくそのため空間が止まっているような錯覚を感じるのです。
・・・たぶんw

風景画とか絵のモチーフによってはそれでいいんでしょうが、
今回描いてる絵は主人公キャラ最大の見せ場であり劇的な場面。
意図的にキャンバスに対して地平線を斜めに傾ける事で視線が安定しなくなり、
絵に動きや躍動感が生まれる・・・気がするw

美術に関する技法って、人の脳が感じる感覚で美しく見せるというものなので
言葉で説明するのは難しいですね~

でも、絵画でも漫画の1コマでも映画の1シーンでも
見て美しいと感じる構図や配置は人類みな共通に違いない!
あと構図だけじゃなく美しく感じる色の配色とか色同士の相性もやっぱり人類共通。
まさに人の脳のメカニズムの神秘!


あと、これは技術とかとは関係無い話ではありますが
絵を描く時は事前にしっかり時間をかけて良い資料を集める!
そして資料をフル活用する!

以前はある程度描ける対象なら資料無くてもいいかな~と思っていたんですが、
自分が神と崇めるプロの油彩画家の先生は絵を描く前に
これでもかというくらいしっかりと資料を集めそれを参考にして描いてました。
描く対象によっては模写してでもしっかりリアルに描く!

というわけで、自分も良い構図の資料があれば積極的に活用するようにしてます。
これは今回のイラストのディスプレイの作業風景。

※画像が大きいのでサムネイルをクリックして見て下さいな。
668.jpg

馬なんかはあまり描いた事が無い対象ですし、
中途半端に描くくらいなら資料を参考にしてリアルにしっかり描いた方が断然完成度は上がります。
立場はアマチュアでも絵を描いてる時はプロになった気持ちで!
そんな心構えで絵を描いていきたいものであります(`・ω・´)

さて、とりあえず下書きはだいぶ仕上がりましたがもうちょっと修正してからいよいよ線画へ。
線画におそらく最も時間がかかりそうなので次の更新は少し先かもです・・・
web拍手 by FC2

イラスト作業工程その1

最近は、ゲーム熱がトーンダウンしてる代わりに絵描き熱はかなり高め!

絵が描けなくなると現実逃避気味(w)にゲームに逃げるクセがあるので、
むしろ今の方が自分にとっては健全でいい事なのです(´∀`)
とはいえ絵描きに没頭するとブログ更新ネタが乏しいのでそこが困りどころ・・・

というわけで、
作業過程そのものを記事にしていくのでイラスト完成までの道のりをお楽しみください。


まずはラフイメージ。

charlesrafu1.jpg

絵のモチーフは・・・完成まで秘密w
おそらく一部の人は見ただけでピンとくる場面ではないかと。
ラフイメージですが、下書きというよりも漫画でいうネームみたいなもの。
ここからもっと良い構図を考えます。


下書きイメージその1

charlesrafu2.jpg

下書きに近いイメージでわりと描き込んでみたんですが、
キャンバスの中に大剣が綺麗に収まらないという難点を解決できない・・・(´・ω・`)
天に向かって大剣を突き上げるというシーンなので剣が途中で途切れちゃうと台無しですよね。
かといって引き気味の絵にして人物が極端に小さくなるのも避けたい。

普通サイズの剣なら綺麗に収まるところが大剣の大きさではなかなかうまくいきません。
もうちょっとアングルや角度を考え直す必要がでてきました。


下書きイメージその2

charlesrafu3.jpg

これならなんとかいけるかな?というアングル。
ちょっとジャンヌ・ダルクっぽい雰囲気になってきたかも。

それはおいといて、
とりあえずこのイメージを叩き台にしてしっかりと下書きを描きこんでみたいと思います(`・ω・´)
web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。